スタッフblog

紫外線にご注意!!

LINEで送る
Pocket

皆さま、こんにちは 🙄

当院も明日から夏休みとなります 💡
一足早く、今日からお休みの方もいらっしゃるようで
朝の電車で大きなスーツケースを持ってる方もいましたね~

皆さんが楽しく過ごせますように 😎

さて、日差しが一層強くなってきた今日・・・
皆さま、紫外線対策はされているかと思いますが、
「シミになるから」「シワになるから」という理由の方も多いですよね 😀

でも紫外線が人体に与える影響はもっともっとあるんです 😯 

環境省のHPより一部抜粋させて頂きます

【皮膚に与える影響】
・シミ、シワ
・良性腫瘍
・前がん症(悪性黒腫等)
・皮膚がん

【目に与える影響】
・白内障
・翼状片

現在、異常気象や温暖化も進んでいる昨今・・・
成層圏のオゾン層が私たちを危険な紫外線から守ってくれているのですが
それも破壊されつつあります。 👿 

例えば、このオゾン層が1%減った(破壊された)場合
悪性黒色腫の発症は現在より2%増
その他皮膚がん発症は年1.6万人増
白内障による失明1700万人(うち20%は紫外線が原因)が約10~15万人増

これじゃ、年々増えていく一方ですよね・・・ 🙁
皆さん!皮膚だけじゃなく「目」にも紫外線が吸収されますよ
サングラスでしっかりUVカットしましょう!!

昔と今の紫外線は違います 😛
そして長い月日をかけて紫外線は蓄積されていき、皮膚がんを引き起こす可能性もあるそうです 🙄
今の時代、小さなお子様も日差しを浴びすぎないように注意してあげなくてはいけないですよね 💡

とはいえ、紫外線を完全シャットダウンすることはダメです 💡
そうするには真っ暗な室内で24時間365日過ごすことになってしまうので不可能ですが(笑)

紫外線はある程度、必要なのです
なぜなら「ビタミンD」を合成するからです 🙂
ビタミンDは皮膚で合成され、紫外線がその助けになるそうですよ!
そしてカルシウム代謝を促進する働きがあるのです 💡

とはいえ、日焼けをするほどの日光浴が必要なのではなく
目安としての15分間、太陽の光を浴びる(面積は両手甲くらいでもok)
もしくは日陰で30分程度過ごすだけでもビタミンDは合成されやすくなるそうです
(ご年配の方や妊婦さんは無理のない範囲が良いですね)

何事も、過剰は良くないですね!!

紫外線対策、熱中症対策、体調管理しながら楽しい夏をお過ごしくださいませ 💡

~夏休みのお知らせ~
8月11日(土)~8月15日(水)

~8月休診日のお知らせ~
8月18日(土)内科小児科休診

LINEで送る
Pocket