歯と栄養

LINEで送る
Pocket

皆さま、こんにちは
肌寒くなってきましたね
お風邪も流行り始めていますので気を付けましょう!

さて、今日は「歯と栄養」について

虫歯や歯周病というのは、その歯や歯茎だけに問題があるとは限りません!
身体の全身的な問題が原因で、症状として口の中に現れることも十分にあります 😥


たとえば・・・
不規則で暴飲暴食など・・・食生活が悪化することで腸内で悪玉菌が増えてしまいます。
    ↓
口の中腸(内臓)消化管で繋がっていますから、
口の中までも悪玉菌で満たされることになります 😯
それにより歯周病や虫歯になるなるということですね。 😐

ですから、虫歯にならない為、歯周病にならないためと思い、
一生懸命歯磨きをしたりケアをしていても、よくならないな~という方!

歯の予防、口腔内の予防だけ熱心にしていてもダメです
全身から考えて、食事や栄養のバランスがきちんととれているか。というのが非常に重要なことなのです。

前のブログでもお伝えした通り、(過去ブログは→ こちら )
歯茎や歯を支えるのは顎の骨です
この骨を健康に維持するためには、様々な栄養素が必要となります。 🙄

その中でも特に重要なものとしては、歯や骨の基質となるタンパク質!
そして、歯茎のコラーゲン繊維の形成に重要なビタミンC!
口腔内の粘膜を保護するビタミンB群!

 

肌のターンオーバーは28~30日くらいと言われていますが
歯茎のターンオーバー1~数日と肌より非常に早いそうです!
なので「歯茎の荒れが治りにくい」なんて方はビタミンB群が不足している可能性がありますね。(・_・D フムフム

他にも鉄、亜鉛など、カルシウムと様々ありますが
このビタミンCビタミンB群の服用は当院でも積極的におすすめしております

このビタミンC ビタミンB群は水溶性ビタミンなので、
体内に留まることなく老廃物と一緒に排泄されていきます
なので、身体全体の中に毒素をため込みにくくしてくれます!
(肌のアンチエイジング効果もあるので女性には嬉しい特典つきですね。笑)

 

 

このように、歯科疾患全身の栄養状態に大きく影響するということです!!
まずは、ご自身の身体(内臓状態、血液の状態など)は健康なのか?
栄養状態は十分か? を知っておく必要が予防の近道といいえますね!
そして、そのための健康診断ですよね!!
目黒区特定健康診断は11月30日までですので、皆さま受け忘れのないようにしてくださいね~~~ 😆

~11月休診日のお知らせ~
11月17日(土)内科小児科 休診
よろしくお願いいたします

LINEで送る
Pocket