歯周病の怖さ!!

LINEで送る
Pocket

皆さま、こんにちは
今日で2月も終わり
明日からは3月ですね早く暖かくなって~~

さて、今日は診療中の会話が聞こえてきたので、そのネタ
(ちゃんと月末の事務作業しながらですよ。仕事してます。笑)

ちなみに、、、
当院では毎月クリーニングにきちんと来られる方が非常~~に多いんです
素晴らしいなぁと感心してしまうほどです
でも、その裏側では院長が皆さんにこんな話をしているからか!と納得しました

心筋梗塞心内膜炎って、聞くだけでもゾッとしてしまう病名・・・
元気で健康な自分には、ついつい他人事のように感じてしまいますよね

でも‟歯周病”はどうですか?
歯周病はとっても身近ですし、診断されている方はとても多いと思います

【心臓の病気と歯周病】
これらは一見まったく関係がないように思えますが、
歯周病が進行すると歯周病菌の一部が、口腔内の傷から血液中に入りこみ、
その細菌が心内膜に定着増殖した菌よって・・・
細菌性心内膜症が引き起こされるリスクが高まるそうです。
これは実際に心内膜症で亡くなられた方の心臓から歯周病菌が検出されたでそうですよ

院長のよく言う「病は口から」「お口から全身のケア」の通り

口腔内の環境が、全身の健康に大きく影響し、
それが命取りになることもあるということです

今は寒暖差の激しい季節、血圧も変動しやすいですから
心筋梗塞予防のためにも、 日頃の口腔ケアをしっかりと行いましょう

LINEで送る
Pocket