歯のクリーニングが必要な理由

LINEで送る
Pocket

皆さま、こんにちは 🙂

3連休ですね~ ➡
当院は本日土曜の午前診療ですが、インフル予防接種やご予約のお問合せも大変多かったですね!
そして午前中、だんだんと晴れ間がさしてきて、
お出かけには最適なお天気になってきましたね~ 😳  😳

さてさて、早速ですが皆さま「かかりつけの歯科医院」はありますか?
また、定期的な歯のクリーニングはされていますか?

歯のクリーニングは、歯科医師や歯科衛生士が、
ただ歯の表面の見栄えをキレイにしているだけではありません
歯磨きが苦手な方に代わりに歯磨きしているわけでもありません(笑)

歯のクリーニング=
歯垢(しこう)や歯石(しせき)を除去
することで歯肉炎や歯周病予防します。また、それにより目に見えない口腔内細菌も減らすことが出来ます


目に見えない細菌
とは・・・
お口の中の細菌には、カンジタ菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、肺炎桿菌などなど
全身疾患の原因菌も含まれています 🙄

若くて免疫力がある人は、唾液の自浄作用で流し込んでくれますが、
年齢を重ね、免疫力も低下してくると、この「唾液」自体が減少して
どんどん菌が増殖、さらには定着してしまうのです

口の中に細菌ハウスを作られてしまうということですね・・・(きゃー)

口は内臓へとつながる最初の通り道となりますので、
「病は口から」という院長の口癖の理由が、もうお分かりになりますよね 😕

逆に、口腔内の環境が良い全身の健康維持にもつながるという事ですよ ➡

つまり、
歯科医や衛生士によるクリーニングは、歯磨きでは取れない細菌を除去することで全身の健康管理のサポートをする重要な役割があるということです 💡

これから冬になると乾燥し、感染症等が増える時期となります
元気に冬を迎えましょう 😯 ね

以前でもブログで「歯ブラシの重要性」にも触れております 💡
是非、併せてご覧くださいませ 🙂

皆さま、良い連休をお過ごしくださ-い 😆

LINEで送る
Pocket