アンチエイジングと歯のケア

LINEで送る
Pocket

歯の状態で外見は簡単に10歳若返ります

口元の老化、とは一体どういう事でしょうか?
大きく言うと4つの原因があると言えます。

1. 歯の色の黄ばみ
2. 歯肉の腫れ、たるみ
3. 歯並びの悪さ
4. 口の乾き(だ液の問題)

歯の色の黄ばみ
歯の白さはホワイトニングで取り戻しましょう

黄ばみの最大の原因、それは食生活による着色です。カフェイン、香辛料、タンニンなどは歯を磨いていても少しずつ残って蓄積されます。
また、粒子の粗い歯磨き粉、硬い歯ブラシ、電動歯ブラシなども歯の表面を傷つけて色をくすませます。
力を入れて歯を磨いている人は要注意、食後2、3時間に済ませれば簡単に汚れは取れます。
そして、それでも付いてしまった汚れはホワイトニングで落とす事が出来ます。
それぞれ度合いなどにもよって人に合ったホワイトニングの方法があります。まずはカウンセリングをして歯の質や正しい原因を突き止めた上での対処が重要になります。
よく分からないまま市販の薬品などを自己流に使用するのはとても危険な行為と言えます。

歯肉の腫れ、たるみ
正しいマッサージで引き締まった歯茎にしましょう

血色が悪く、ぷよぷよになった歯茎は簡単に老け顔にしてしまいます。これはマッサージで治す事が出来ます。当クリニックでは必ず最初に歯みがき指導を行います。指導前の多くの人が歯の表面ばかりを磨いており、歯茎から歯ブラシを当てて磨いている人はごく僅かだという事が分かりました。特別な物を使わなくても簡単に日頃の歯みがきでマッサージをする事ができるのです。ただ、歯茎は粘膜です。乱暴な磨き方は傷つけたり歯茎をやせさせる原因にもなりかねないので、軽く、優しく痛くない程度でマッサージしましょう。
歯肉の位置が下がり、歯が根元まで見えていると老化を感じさせます。血色のよい引き締まった歯茎で笑顔に清潔感を与えます。

歯並びの悪さ
歯並びの矯正に遅い、はない

抜けたままの歯や親知らずがあると、歯が横から押されたり、前に倒れて来たりして歯並びが悪くなります!
歯並びは矯正で充分に改善出来ますが、当クリニックでは噛み合わせを重視しています。程度にもよりますが、大抵の場合は噛み合わせで改善されるケースが多いです。歯は毎日動きます。年齢と共に変化もします。歯がキレイに並んでいるだけでも印象はぐっと変わり、きちんと噛み合う事によって均等に顔の筋肉が動きます。これは頬が下がるのを防止し、あごのラインをすっきりと見せます。

口の乾き(だ液の問題)
口臭の原因になる乾きを予防する

加齢によってだ液の分泌量は減ります。だ液の乾きは口臭の原因、中年臭、老人臭の一部は口臭も関係していると思います。
きれいなだ液を出すには口をよく動かす事。和食を取り入れてご飯を良く噛む工夫をすると効果的です。口の中を乾燥させないように水分を取るのも大事です。また、酸味のあるレモン、梅干しなどを食べるとだ液がよく出ます。ドライフルーツなどは手軽な上、繊維質も多いので便秘の予防にもなります。

以上の4項目の老化原因は食い止めたり改善できます。健康で美しく歳を重ねるためにもデンタルケアはうってつけのアンチエイジングになる事でしょう!

LINEで送る
Pocket