予防歯科のガイドライン

LINEで送る
Pocket

当クリニックの予防歯科ガイドライン

口腔内科• 女性外来
口腔内科とは、 口腔に症状をおよぼす全身性の疾患を診断し、
口腔外科的なアプローチとは異なる方法で口腔疾患の治療を行なうものとされています。
つまり口腔内に関連するあらゆる疾患を診断・治療対象とし、医科的知識に基づく全身的評価をします。
早期発見による最小限の外科的治療や、歯周疾患、う蝕歯、口腔粘膜疾患、口腔腫瘍、口腔乾燥症、
顎関節疾患、加齢に伴う変化、唾液腺疾患、口腔顎顔面領域に生じる変形、外傷、嚢胞、
口腔顔面領域の神経疾患、口臭、味覚障害、舌痛症、顎顔面領域の神経性疼痛・麻痺、
更には口腔内と関連する精神疾患例えば口腔心身症などが対象とされています。

初診時は原則治療は行いません

まず来院された患者様に対して十分な問診、及びカウンセリングをします。これには全身疾患の有無、医科などからの
内服薬確認、サプリメントの利用状況なども含まれます。この際に、血圧測定も全ての患者様には行っております。
また女性の患者様においては、女性ホルモンに合わせたカウンセリングも必要です。
生理周期、妊娠、出産、産後、授乳など詳細な問診も加わります。

更に当クリニックではオゾン水を用いた口腔内消毒を行います
次にレントゲン検査を行って診察室にご案内します。
そして問診に基づき口腔内診査を行い、徹底したクリーニングを行います。
診察、処置が終わり、ここでを就寝前にL ロイテリ菌1錠服用をご説明します。
なおL ロイテリ菌服用後、30分経口しないよう指導致しております。

口元から始まる全身の健康をモットーに皆様の笑顔をサポートさせていただきます!

LINEで送る
Pocket