はしかワクチン(MRワクチン)について

LINEで送る
Pocket

皆さま、こんにちは 😆

各地で30度の夏日を観測しているようですね
この温度差に風邪をこじらせている方もチラホラ・・・ 😯

朝晩は冷えこんだり、室内の冷房も聞き始めていますので
外出の際は上着があるといいですね 💡

さてさて、世間のニュースでも騒がれています、こちら。


「はしか流行」


はしか(麻しん)とは・・・
下記、厚生労働省のHPより抜粋しました(URLはこちら


麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症として知られています。

 麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播し、その感染力は非常に強いと言われています。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。”

症状は・・・
‟感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。”

非常に強い感染力なので、手洗いマスクでは予防できないと言われており、
一番有効な予防は予防接種です。
はしか(麻しん)に感染した方に接触した場合、約72時間以内に予防接種をすることも効果的であると言われています

先日のニュースでは都内でも感染者が出ましたので、私たちも油断が出来ない状況です。


クリニックにも「はしかの予防接種をしたい」というお問合せを数多く頂いておりますが、現状・・・入荷が出来ておりません。
現在、ワクチン製造は急ピッチに進められているそうですが、それでも間に合っていない為、現在はご予約制とさせて頂いております

ただし、入荷の目途はたっておりませんので、入荷時期は未定となり
10月頃になる可能性も大いにあります
その為、入荷次第ご予約の方から順にこちらからご連絡をさせて頂きます
ご了承くださいませ

メール clinic@reika-clinic.info
電話  03-3724-4487

 

 

また、麻しん風しん混合ワクチンは、小児の定期予防接種のひとつです

第1期:1歳代で1回接種
(1歳から2歳の間に麻しん・風疹にかかる可能性が高いので、1歳になったらなるべく早く接種しましょう。)

第2期:小学校入学の前年
(通常、幼稚園、保育所児の最年長児)1年間に1回接種します)


しかし・・・
麻しん単体のワクチンだけでなく、
麻しん風しん混合ワクチンも同じく欠品しています。

定期接種は上記のように接種時期が決まっております
該当するお子様、これから該当する時期が近いお子様がいらっしゃる方は
早めにワクチンの確保(ご予約)をお願いいたします 💡

皆さま、くれぐれもお気を付けくださいませ。 😥

では良い週末をお迎えくださいね 😎

LINEで送る
Pocket